ガスを安全に使用して頂く為に
LPガスの性質こんな時はご連絡下さいガス器具ご使用の際確認することLPガスを正しく使う災害時の対策ガス漏れ・ガス臭い時は小型容器の取扱について小型給湯器・ガスストーブをお使いの皆様へ故障かなと思ったらガスメーターの復帰方法


LPガスの性質

(1)空気より重い
LPガスは空気よりも重く、もれると低いところや物かげにたまる性質があります。もしガスがもれたら、特に下の方の風通しを良くしてガスを屋外に追い出しましょう。

(2)ニオイをつけてある
LPガスそのものは無色無臭ですが、もれたときに分かるようにタマネギが腐ったようなニオイをつけてあります。
(3)燃焼にはたくさんの空気が必要
LPガスが燃焼するためにはたくさんの空気(酸素)が必要です。室内でガスを使用するときは、十分に換気をしてください。
(4)液化した状態で容器(ボンベ)に入っている
LPガスは圧力をかけて液化した状態でLPガス容器(ボンベ)に入っています。
(5)クリーンなガス
LPガスは、環境負荷が相対的に小さく、天然ガスとともにクリーンなエネルギーであると位置づけられています。

ページトップへ↑


こんなときはご連絡下さい。

●LPガス設備の工事や新しくガス器具を取り付けるとき、または取り外すとき。
●新築・改築・転居などで、新しくLPガスを使うとき、またはやめるとき。
●ガス以外の工事(水道工事など)を行うとき。
●ストーブなどの季節的器具で、取り付け・取り外しが困難なとき。
※配管、ふろがま、湯沸器、煙突などの工事を行うときは、法律上の資格が必要です。
※ふろがまや湯沸器の中には給気口や排気設備が必要な場合があります。

ページトップへ↑


ガス器具をご使用の際はご確認ください。

●LPガス用器具を必ずご使用ください。都市ガス用器具は使用できません。
●LPガス用器具は全国共通です。
●ガス器具は、取扱説明書をよく読んでから、正しくご使用ください。
●ガス器具の保証書は大切に保管してください。
新しくガス器具をご使用の際には、LPガス専用の器具であることを確認して下さい
※LPガス用器具には下図のような表示があります。

ページトップへ↑


LPガスを正しく使って、いつも安心

点火・消化は必ず目で確かめて下さい。

●ガス器具の近くに、燃えやすいものは置かないで下さい。
●風や煮こぼれで火が消えたり、天ぷらを揚げているときに、鍋の中の油に火が着くことがあり、たいへん危険です。LPガスを使っているときは、その場を離れないようにしてください。
※立消え安全装置や過熱防止装置など、安全装置付きのコンロをおすすめします。

いつも青い炎でお使いください。

●LPガスをお使いのときは、炎は必ず「青い炎」でお使いください。赤っぽい炎は、不完全燃焼をしている炎です。

ガス栓は、使用時には全開で、使用後は完全に閉めてください。

●LPガスをお使いになるときは、ガス栓を全開で、また外出するときやおやすみ前には、ガス栓、器具栓が閉まっていることを確認してください。
●使用していないガス栓には、必ずゴムキャップをつけてください。
●長期間ご不在になるときは、容器バルブを閉め、LPガス販売店にご連絡ください。
●配管やガス栓をアースの代わりに使用しないでください。

換気に注意してください。

●室内でガス器具を使用するときは、換気扇を回したり、ときどき窓を開けて十分に換気してください。
●小型給湯器は長時間使用しないでください。
●下のような自然排気式ふろがまを使用するときは、換気扇を使用して下さい。(排ガスが逆流してCO(一酸化炭素)中毒を起こすことがあります)
※吸気口はふさがないでください。
●排気筒が壊れていたり、鳥の巣などでふさがれてしまうと適切な排気ができなくなります。こまめに点検しましょう。

※LPガスが燃えるためには、たくさんの空気を必要とします。換気が十分に行われないと、酸素不足や室内に排気ガスが充満して不完全燃焼を起こし、有害なCO(一酸化炭素)が発生するため、たいへん危険です。

ゴム管はときどき点検し、早めに交換してください。

●ひび割れなどが発生しているゴム管は使用しないでください。
※ゴム管からのガス漏れは、石けん水を塗り泡が出るかで分かります。(泡が出た場合はすぐに新しいゴム管に取り替えてください。)また点検後はきれいに拭き取ってください。
●ゴム管は、ガス栓の赤い栓のところまで差し込んで、ホースバンドでしっかりとめてください。
●ゴム管は長くしたり、物かげを通したり、折り曲げたりしないでください。
●三つ叉は危険なので絶対に使用しないでください。
ガス漏れ防止のため、給湯器やふろがまなどの固定式燃焼器とガス栓の接続にゴム管を使用することは禁止されています。

直接ねじ接続するか、上のようなねじ接続の専用ホースで接続してください。

着脱が簡単で確実なコンセント型の専用ホースをおすすめします。

ガス器具のお手入れ

ガスコンロなどの目詰まりは、不完全燃焼の原因となります。ときどき機器ブラシなどで掃除をしてください。
ガス器具のお手入れなどで、ねじなどを取り外す必要がある場合には、ご自分でお手入れせずに、必ずLPガス販売店へご連絡ください。

調理中は「離れない」が基本です!

火を使っている間は「何があっても、その場を離れない」ということを心がけてください。

ページトップへ↑


災害時の対策は…

火災のときは

容器バルブを閉め、消防署員などに容器の位置を知らせ、後の処理を頼んで下さい。

地震のときは

ガス栓、器具栓を閉め(火をすべて消し)、二次災害防止のため、ゆれが大きかったときは、おさまった後で戸外の容器バルブも閉めてください。

台風・洪水の恐れがあるときは

容器バルブを閉め、容器が倒れたり流されたりしないか、しっかりと固定されているかを確かめてください。

容器バルブの閉め方

災害のときに容器バルブを閉めることは、二次災害の防止にも役立ちます。容器バルブを閉めるときは、時計と同じ右に回すと閉まります。

※異常があった場合は至急、LPガス販売店または保安機関へ氏名・住所・状況などをお知らせください。
※再びガスを使うときは、必ずLPガス販売店または保安機関の点検を受けてからお使い下さい。

災害に強いLPガス

過去、地震などの大規模な災害時において、どの被災地においてもライフラインの早期復旧が仮題となりました。LPガスは復旧の早さや、避難所などですぐに対応できることなどから、多くの人々の暮らしに安心をもたらしました。その実績からさまざまなところで、LPガスは「災害に強い」ことが実証されています。

ページトップへ↑


ガスのニオイに気づいたら・ガス漏れ警報機が鳴ったら

室内の火は全部消して下さい


※マッチをすったり、タバコを吸ったりしないでください。

ガス栓・器具栓を閉めて下さい。


コンセントやスイッチに触れないでください。

火花が出てガスに着火する恐れがあります。

※換気扇は絶対に回さないで!回っている換気扇はそのままにしてください。

扉や窓を十分に開けてください。

風通しを良くしてガスを屋外へ追い出して下さい。

※LPガスは下にたまるので、特に下の方の風通しを良くしましょう。

LPガス販売店または保安機関に連絡して下さい。

●連絡の際は、氏名・住所・状況などをお知らせ下さい。
●LPガス販売店または保安機関の点検を受けるまでLPガスを使わないで下さい。
※万が一、LPガスによる災害が発生した場合にも連絡して下さい。

ページトップへ↑


小型容器の取り扱いについて

●容器が倒れないよう、平らな場所において下さい。
●容器を横に寝かせて使用しないでください。
●直射日光や火気を避けてご使用ください。
●使用後は、必ず容器バルブを閉めて下さい。
●容器は、火の気のない風通しの良い屋外に保管してください。
●不要になった容器は、必ずLPガス販売店に返却して下さい。
※LPガスが残っている容器を捨てると法律により罰せられます。

ページトップへ↑


小型給湯器・ガスストーブをお使いの皆様へ

!換気は必ず必要です!

換気が不十分な状態で使い続けると不完全燃焼による一酸化炭素(CO)中毒が起こる恐れがあり、死亡事故に至る恐れがあります。

小型給湯器をご使用時の注意事項

・必ず窓を開けるか、換気扇を回してください。
・風呂、洗濯、シャワー用には使わないでください。
・気分が悪いと思ったら、直ちに使用を中止して、換気を行ってください。
・使用中に火が消えた場合は、直ちに使用を中止してください。

ガスストーブ(ファンヒーターを含む)をご使用時の注意事項

・ご使用中は、必ず30分に1回程度窓を開けて換気を行ってください。
(室内の空気を使って燃焼させるため、必要な空気を外から補給する必要があります)

ページトップへ↑


ガスメーターの復帰方法

.ス栓・器具栓を全て閉める。復帰ボタンを押してすぐ離す。
そして1〜2分間待つ。
※ボタンにキャップのあるタイプもあります。
※復帰ボタンを押した後、ガス漏れがないかどうかをマイコンメータが1〜2分間、安全確認をしています。
異常がなければ、赤いランプ(または液晶)の点滅が消え、ガスはもとどおりご使用になります。
(なお、正常に復帰しない場合や、不明な点がある場合はLPガス販売店にご連絡ください。)

ページトップへ↑

ガスと暮らす快適な生活

ガスに関する重要なお知らせ

ガスを安全に使用して頂く為に

ガスを安全に使用して頂く為に(業務用)

各種手続きに関して

営業時間・営業日

営業時間 8:15〜17:15
※尚、ガスに関する緊急時にはいつでもご連絡下さい。



お知らせ一覧 リプレスリリース一覧 地域貢献一覧